キンドル出版第3号「窓枠の砂」

 キンドル出版第3号「窓枠の砂」が、2018年(平成30年)5月30日に発行されました。
 内容は約30年前に、山形で実際に起きた連続殺人事件を題材にした小説です。
私にとっても余りにも生々しく、書くべきかどうか?迷った作品でした。
--------------
――昭和天皇がお隠れになって間もない平成元年の三月三十一日の土曜日、夜の八時ころ帰宅した容疑者鳴海義弘(三十)の父は、息子の部屋の中で布団の中に全裸で死んでいる若い女性死体を発見、息子を捜して問いただしてみようとしたが息子の姿はなく、すぐさま警察に通報した。

息子である容疑者の鳴海義弘は、そのころ事件を隠蔽すべく工作中で、どういうわけかスーパーの買い物袋を提げて戻ったところを、駆けつけて待機していた警察官らによって逮捕された――

犯人の供述をもとにドキュメンタリータッチで推理を交えながら、事件の背景を推測し、犯人と事件の真相に迫ります。

当時は裁判員裁判制度はなく、現在の裁判員制度にも一石を投じられたら、という思いで書いた作品です。
原稿用紙にして、約120枚の作品です。

Amazon キンドル出版「窓枠の砂」

madowakunosuna-860-498

※今回の表紙も私が描いたイラストです。
madowakunosuna-300-480

広告

キンドル出版第2号「16歳の夏」

キンドル出版、第二作「16歳の夏」が2018年5月3日に発行されました。
サブタイトルは「伝えたいこと、誰にもあるよね!」です。

そうですよね。
伝えたいことは、きっと誰にもあるはずです。

この作品は作者である私の、16歳(高校一年生)時の体験記です。
だから小説ではありませんが、当時はとても話題になったのです。
なぜ話題になったのかは、読んでいただければ分かりますよ。

そして、当時の写真も挿入しており、昭和の記録、そして資料としても役に立つかもしれません。
当時と言っても分かりませんよね。
そう、以前の東京オリンピックが開催された前年1963年8月の話です。

若い人には、そしてその家族の方にも、ぜひ読んでいただきたい作品です。
無謀と言えば無謀ですが、
家族愛、命の大切さ、そして故郷・・などがちりばめられています。

以下のリンクからどうぞ。

Amazon キンドル出版「16歳の夏」

16sai2-880-2018-5-03

※この表紙も私が描きました。
16sai-300-480

キンドル出版第1号「どうする」

話題の電子書籍キンドル出版。その第一号に選んだのは、「小説入門」的な作品です。
原稿用紙にして60枚ほどの作品ですが、タイトルを「どうする」に変えて、挑戦してみました。

著者名も「高井りょう」と、今後のことも考えて、悩んだ末に付けてみました。
実は、「高井凌」というペンネームは、昔使用していた名前なんです。
この名前で、地方紙ですが、5作品くらいは賞をもらっているのですよ。
今回、キンドル出版用に、著者名も「高井りょう」と変更してみました。
そして、今後はこの著者名を使用してまいります。

作家デビュー(?)なんて、そんな気分は全くありませんが、凄い時代になったことだけは実感しております。今後ともよろしくお願いします。そしてまた、さらに今後をお楽しみに・・。

その「どうする」が、2018年3月15日にキンドルから電子出版されました。
※以下に、リンクを張らせていただきます。ぜひ覗いてみて下さい。

Amazon キンドル出版「どうする」

dousuru2-880-2018-3-15

※この表紙は、私が描いたイラストです。

60歳からの小説入門

WordPress.com で無料サイトやブログを作成. テーマ: Baskerville 2 by Anders Noren

ページ先頭へ ↑